弁護士へ自己破産相談

多重債務者になったり、収入の変化などで返済が困難になったり自己破産をしたいと考えた場合、どこに相談すればいいのでしょう。裁判所のホームページでは、まずは法律の専門家への相談を勧めています。法律の専門家である弁護士へ相談する場合、どんな特徴があるのでしょう。

自己破産の依頼は専門家として弁護士と司法書士が受けることができます。大きな違いとしては、司法書士は代理人になることができないので裁判所で行われる裁判官との審尋に同席できませんが、弁護士は代理人として審尋に参加できます。さらに裁判所によっても違いますが、代理人になることができないため司法書士の破産手続きは弁護士より長期間かかることがあります。これは代理人になれる弁護士は即日面接制度が利用できるからです。司法書士も最後までしっかりサポートしてくれますが、最初から最後まで制限なく全ての手続きを行ってサポートできるのは法律の専門家である弁護士です

弁護士弁護士へ相談したいが弁護士費用の不安などから最初から依頼するのは気が引ける、という人もいるでしょう。債務整理の無料相談を行っている弁護士事務所もたくさんあります。

借金から解放された人生を取り戻すためにも、一人で抱え込まずに、まずは弁護士へ相談しましょう。法律の専門家である弁護士から、自分の状況と自己破産について適切な助言を受けましょう。

自己破産とは

多重債務に陥ったり、厳しい取り立てに悩んだりする人もいるでしょう。借金を返済するめどが立たない場合、自己破産という債務整理の選択肢があります。自己破産は具体的にどのような手続きでしょう。

お金自己破産は自分の収入や財産で借金の返済ができなくなった場合、破産手続きと免責手続きを行い、借金を清算して生活を再建するための手続きです。まず破産手続きで自分の持つ全財産を現金化して、借金の額に応じて各債権者へ分配します。その後、残った借金は免責手続きで法律上の支払義務を免除してもらいます。自己破産の条件もありは支払い不能であると裁判所に認められることです。借金の理由によっては免責されにくいこともあります。

自己破産のメリットは借金や督促がなくなり、借金により破綻した人生を立て直すことが可能な点です。自己破産した本人名義以外の財産は処分の対象にならず、生活に必要な程度の財産は手元に残せます。デメリットは高価な財産を処分することです。自己破産をした事実が信用情報機関に登録されている間はクレジットカードが使えなかったり、官報に掲載されるので自己破産した事が他人に知られる可能性もあったります。手続き中は一定の仕事に従事できないなどの制限も受けます。

自己破産をしても選挙権がなくなったり戸籍に記載されたりすることはありません。弁護士など専門家に相談をして自己破産の正しい知識を身につけながら検討しましょう。

借金と自己破産

男性最初は少額な借金でも次第に膨れ上がり、返済が難しくなるケースは少なくありません。借金に対して収入が追い付かずに滞納したり、返済のために新たな借金を繰り返している人もいるでしょう。借金の返済と免除に自己破産という方法があることはテレビなどでも耳にすることが多いです。自己破産とは具体的にどのような内容でしょう。

借金の整理をする債務整理には任意整理や特定調停、個人再生、自己破産があります自己破産は法的な手続きにより破産と免責を行って、借金の返済を免除してもらい生活を立て直すための制度です。自己破産のできる条件は借金の金額に関わらず支払い不能であると裁判所に認められることですが、借金の理由がギャンブルや株などの場合免責されにくい、又は免責されない可能性もあります。必ずしも免責が不許可ではないので、弁護士など専門家に確認しましょう。

自己破産後は借金や取り立てがなくなり、生活を一新することが可能です。破産者の名義以外の財産や、裁判所の定める基準以内で破産後に必要な程度の財産は残せますが、高額な現金や高価な品といった財産は処分の対象になります。自己破産した事実は戸籍などには記載されませんが、信用情報機関や官報には記載されます。登録期間中は新たな借金ができなかったり、他人に自己破産を知られる場合もあったります。

自己破産の相談は、法律の専門家として全ての手続きを制限なく行える弁護士が適しています。自己破産を検討するなら、まずは弁護士へ相談してみましょう。このサイトでは自己破産の特徴や相談にはなぜ弁護士がいいのかを説明します。