自己破産とは

多重債務に陥ったり、厳しい取り立てに悩んだりする人もいるでしょう。借金を返済するめどが立たない場合、自己破産という債務整理の選択肢があります。自己破産は具体的にどのような手続きでしょう。

お金自己破産は自分の収入や財産で借金の返済ができなくなった場合、破産手続きと免責手続きを行い、借金を清算して生活を再建するための手続きです。まず破産手続きで自分の持つ全財産を現金化して、借金の額に応じて各債権者へ分配します。その後、残った借金は免責手続きで法律上の支払義務を免除してもらいます。自己破産の条件もありは支払い不能であると裁判所に認められることです。借金の理由によっては免責されにくいこともあります。

自己破産のメリットは借金や督促がなくなり、借金により破綻した人生を立て直すことが可能な点です。自己破産した本人名義以外の財産は処分の対象にならず、生活に必要な程度の財産は手元に残せます。デメリットは高価な財産を処分することです。自己破産をした事実が信用情報機関に登録されている間はクレジットカードが使えなかったり、官報に掲載されるので自己破産した事が他人に知られる可能性もあったります。手続き中は一定の仕事に従事できないなどの制限も受けます。

自己破産をしても選挙権がなくなったり戸籍に記載されたりすることはありません。弁護士など専門家に相談をして自己破産の正しい知識を身につけながら検討しましょう。