弁護士へ自己破産相談

多重債務者になったり、収入の変化などで返済が困難になったり自己破産をしたいと考えた場合、どこに相談すればいいのでしょう。裁判所のホームページでは、まずは法律の専門家への相談を勧めています。法律の専門家である弁護士へ相談する場合、どんな特徴があるのでしょう。

自己破産の依頼は専門家として弁護士と司法書士が受けることができます。大きな違いとしては、司法書士は代理人になることができないので裁判所で行われる裁判官との審尋に同席できませんが、弁護士は代理人として審尋に参加できます。さらに裁判所によっても違いますが、代理人になることができないため司法書士の破産手続きは弁護士より長期間かかることがあります。これは代理人になれる弁護士は即日面接制度が利用できるからです。司法書士も最後までしっかりサポートしてくれますが、最初から最後まで制限なく全ての手続きを行ってサポートできるのは法律の専門家である弁護士です

弁護士弁護士へ相談したいが弁護士費用の不安などから最初から依頼するのは気が引ける、という人もいるでしょう。債務整理の無料相談を行っている弁護士事務所もたくさんあります。

借金から解放された人生を取り戻すためにも、一人で抱え込まずに、まずは弁護士へ相談しましょう。法律の専門家である弁護士から、自分の状況と自己破産について適切な助言を受けましょう。